今ならギフトラッピング無料 店舗での裾上げについて

TOP/PHILOSOPHY/FABRICS

FABRICS

最適の一着のために
D’URBANだけの
マス見本づくり

D’URBANの生地

ダーバンの生地の多くは愛知県一宮市を中心とした尾州地域でつくられています。
尾州は古くから毛織物業が盛んで、日本の気候を熟知した最適な生地づくりに定評があります。
ダーバンは、尾州の服地メーカー各社と糸の段階からオリジナルの生地づくりにこだわり続けています。
マス見本とは、生地の仕上がりを確認するため、タテやヨコの糸を順番に何色か配列し、色と柄とクオリティの確認をおこなう生地見本のこと。
今は滅多に見られなくなりましたが、私たちはいまだにダーバンだけのマス見本を作成し、最適な一着を作るまでに約1年の期間をかけています。
また、世界最高峰のファブリックと呼ばれるイタリアのメーカーにおいても、エクスクルーシブクオリティの生地を作成しています。

LINE UP